ニキビの治し方を完全公開!10年悩んだ私が解説します

ニキビの原因とメカニズム ニキビ

ニキビは正しいケアと、生活習慣を改善するだけで直すことが可能です。

まず、お肌のケアの基礎となる洗顔方法を見直すことから始めます。一日に何度も顔を洗ったり、肌を強くこすってしまうとかえって肌トラブルを悪化させてしまいます。

ニキビに有効な洗顔方法

最初に洗顔料で泡をたくさん作ります。

オルビスの泡はなめらかです

泡立てネットはドラッグストアや百円均一で購入でき、楽に泡を作ることが出来ます。顔を洗う際に、なるべく手で肌をこすらないように、泡だけで顔を洗うようにします。

ぬるま湯ですすぐ時も肌をこすらないように注意して、洗顔料の洗い残しがないようにします。この時洗顔料の洗い残しがあると、洗顔料が毛穴に詰まったり、肌が炎症を起こしてしまうため注意が必要です。

すすぐ時の水の温度ですが、常温か冷水が一番良いとされています。その理由として、お湯で顔をすすいでしまうと肌に必要な油分まで一緒に洗い流してしまうため、なるべく低温の水ですすぎましょう。洗顔料も保湿成分が配合されたものを選ぶことで、肌の潤いを保たせて肌トラブルのリスクを下げてくれます。

洗顔後はしっかり保湿するように

顔を洗った後は、化粧水で保湿し、肌を乾かさないように心掛けます。

肌を保湿することによって、肌の血行と代謝を上げてくれます。肌の血流が良くなることによって、肌細胞に栄養がスムーズに行きわたり、肌の再生能力を高めてくれます。代謝が上がり、老廃物の排出が促進し、みずみずしい肌に生まれ変わります。

化粧水の他にも、簡単に出来るケアとして、オールインワンジェルがあります。オールインワンジェルはスキンケアを一つにまとめたもので、忙しい方にもおすすめの商品となります。オールインワンジェルは美肌にも良い成分が含まれたものが多いため、ニキビの改善にも役に立ってくれます。

ニキビはしっかり食事を摂って減らす

スキンケア以外に、食事を変えてニキビを改善する方法があります。

et

NGな食べ物として、油物やお菓子が挙げられます。これらを食べることによって、肌の皮脂が増えてニキビの原因を作り出してしまうためです。

食事で大切なことは、バランス良く食べることです。普段不足しがちな野菜や果物を中心に摂っていくことで、肌のトラブルを軽減することが出来ます。改善のために摂取すると良い食材は、大豆製品、魚、野菜です。

大豆はイソフラボンが多く含まれていて、イソフラボンの効果として、女性ホルモンと同じ働きをしてくれます。抗酸化作用があり、肌を美しくする効果と、血流を良くしてくれる効果があります。

魚に関しては、主にサバなどの青魚が良いとされています。青魚は血をサラサラにしてくれて、血液の循環を良くしてくれるため、肌にも良い効果があると言われています。

野菜に関しては、ビタミンを多く含むものを摂取することによって、肌の再生を促進してくれる効果があります。果物でもビタミンを摂取することが出来ます。

ただ、食べ過ぎてしまうと、果物に含まれている果糖が脂肪に変わってしまい、皮脂の分泌が増えてしまうため注意が必要となります。

ニキビを減らすのに和食が注目されている

脂肪分の少ない食事として人気なのが、和食になります。和食はダイエットにも肌にも良いと海外でも注目を浴びています。肌の皮脂の分泌を抑えるためにも、日本食を食べる機会を増やしましょう。

腸内環境を整えることも重要になってきます。腸内環境が悪化するとニキビが増えたり、肌トラブルの原因となってしまいます。腸内環境を整える食材として、発酵食品があります。

発酵食品で挙げられるのが、ヨーグルト、納豆、みそ、キムチなどがあります。普段の食事に出来るだけ取り入れることが大切となります。腸内環境が悪化する原因として、小麦や牛乳のアレルギーが原因の場合があります。特定の食品を食べて下痢をするようなら、アレルギーを疑って食べるのを避けたほうが肌のためにも良いでしょう。

ニキビに効果が期待できる商品を紹介します。

タイトルとURLをコピーしました